小ロットから委託できる化粧品oem会社Ranking

Home > 化粧品情報 > 化粧品oem製造における小ロット包装とは

化粧品oem製造における小ロット包装とは

化粧品を製造する過程で大切なのが、品質をどのように保つかということです。
通常こうした製造過程においては、最小釜でのわずか100個といういわゆるoem製造が主体です。
1個のスキンケア商品を製造するための初期投資は100万円から200万円かかるというのが定説です。
今まで製造ロットが大きいと新商品の切り替えが出来ずに数十年前のコンセプトのまま製造を続けているというのが従来の商品の製造過程でした。
しかし、小ロット製造の場合は品質自体は変わらずに製造することが可能です。
わずか100個からという製造ロットの場合は、スキンケア商品1個を製造するのにわずか千円台でコスト削減にもつながります。
これまでの製造過程では、在庫のバルクを小分けする必要がありましたが、その必要がないのが小ロット製造のメリットです。
企業にコスト削減につながります。



化粧品を小ロットでoem製造にするには

化粧品を製造する過程での初期投資が100万円から200万円の費用がかかります。
oem製品のの製造過程でロット数が大きいことから新しい化粧品を作りたくても製造できず10年前のコンセプトで製造するのが当たり前でした。
しかし、それではせっかくの商品に対する進歩がみられません。
しかし、それでは経費がかかる一方です。
そのため経費をどう節約して新商品を開発するべきかが課題でした。
oemならば小ロットで初期投資は約2000円以内で従来の何万分の1の割合で商品を製造できるという観点から今、業界で密かな注目を集めています。
また、洗顔や化粧水などは10万円以内で初期投資ができるので驚きです。
また、在庫容器は100個までだから安心して製造できます。
業界にとっても業者にとっても一石二鳥の製造方法です。
悩んでいる方は専門業者に相談することが望ましいです。



化粧品の小ロット製造でoem認可を受けたなら

化粧品の小ロットでのoem製造は、政府から認可を得て正式に許可されています。
近年、人気のあるアロマなどのオーガニック化粧品も小ロットによるoem製造が可能です。
これまでオリジナルの商品を作りたいと考えていても会社との合意に至らず結局は従来の製品の製造工程に頼らざるを得ないのが現状です。
そうなれば化粧品業界は発展しないのが現状です。
その難題を打破するためにもこうした製造工程が必須条件です。
スキンケア商品の製造過程は時代とともに進化します。
そのため時代のニーズに合わせた開発が大切になります。
先にものべたアロマの成分が含まれているスキンケア商品も大切に扱わないと人気に負けてしまいます。
提案した商品に合わせた製品作りを心がけるのが、現代の消費者を獲得する最大の課題です。
oem製造ならば香りつきの商品にも柔軟に対応しています。

カテゴリー

PAGE TOP